happy happy!!

May the happiness visit at everyday of my future!

A.B.C-Z 5周年ツアーお疲れ様でした。

書いておかないといけない気がするから書きます。

 

5周年ツアーお疲れ様でした。久しぶりに地方にも行けてよかったです。私がというよりも彼らが。やっぱりその土地に行っても人が見に来てくれなかったら成立しない世界だものね。一歩ずつではあるけれども知名度は5年前よりもあがってきたのかな。だとしたら、それを彼らが実感できていたら、とても嬉しいなと思います。

 

 

ここから先は気持ち悪いおたくのただの感想です。

ツアーからという訳ではなかった(と思う)けれど、五関さんは今年に入って少し雰囲気が変わった気がします。

今までどこか掴めないふわふわとした感じがあった(このあたりが所謂ミステリアスだと呼ばれている部分かもしれない)けれど、最近の五関さんからはそのミステリアスさがだいぶ消えたような気がしています。私、現場で何も連絡していないのにほぼほぼ会う同担の友人がいるのだけれど、同じこと言ってたなあ。

なんだろう、変な言い方になるけれど、憑き物が取れたみたい。すごく自然で優しいふわふわとした感じを感じるんです。今すごく楽しいな、とか、素直な感情が伝わってくるというか。なんだかちょっと人間らしくなった?(笑)感情が表に出やすくなったのかなあ。

 

今回のツアーのソロがガチガチにかっこいいものではなくて明るいかっこよさだったのも私はとても嬉しかったです。今までだって好きだったけど、ちょっと指向を変えてくれてのもよかったなって。まあ、羽根背負ってる五関さん見た時に「天使~!いや堕天使~!この世に舞い降りてる!!!好きしかない!!!」みたいなことになったのは置いておきますが。

ホールバージョンのソロの時、バックにメンバー四人についてもらうという選択をしたのは誰の意見なんだろうか。ホール初日の名古屋、塚田くんが出てきた瞬間にどよめく会場と、その歓声にしてやったりの笑みを浮かべた五関さんにはやっぱり勝てないなあと改めて思ったし、これでこそ自担だよ…!と誇らしくもなりました。誇れる人で居続けてくれるってすごい、本当に。ありがとう。

 

 

で、やっぱりツアーラストの仙台のことを書いておかないといけないかなと思います。

前提として、私は映像を流した賛否については話すつもりはないですし、あれを恥ずかしい映像と呼んだことに対して議論する気もありません。そういうのは他所でどうぞ。

 

去年の忘年会で五関さんが泣いた話。レギュラー番組で少し話があがったり、塚田くんのサタジャニでもその話をされたりしていたあの話(仙台当日、塚ちゃんは「映像録ったの僕じゃないよ!」とめちゃくちゃ否定していたけれど、サタジャニでペラっていた。爪が甘いところがさすが塚ちゃん。笑)

本音を聞き出そうとしたメンバー、五関さんが泣きながら「この5人でやっていきたいんだよ俺は」と言ったこと、そんな五関さんのことをがっちりホールドしている戸塚くん、映像を見終わった後に「全然恥ずかしくないじゃん!」「むしろいいやつじゃん!」と言い合うメンバー、照れながら「いいやつでしょ」となる五関さん。

 

純粋に、いいグループになったなあと思ったし、いいグループを好きになったなあと思えた瞬間でした。

そして五関さんに対しても、この人のことを応援してきて本当によかったなと思えた瞬間でした。

 

めちゃくちゃネガティブな話をします。

結構五関様だなんだと言ってくれる人も多いけど、人によっては、「外仕事もロクに取ってこないお荷物」って思ってる人もいることは理解していて、そのひとがそんなこと言っても「その立場で何を言ってんだよ」とか「グループなくなったら仕事ないしね」と思ってる人もいると思っていて。それはもう仕方ないことなんだけど。

私は本当に素直に、四人とグループのことを大好きな五関さんの気持ちが知れてよかったし、あぁ、この人はこの四人に囲まれてA.B.C-Zというグループにいて、そんな今が凄く幸せなんだろうなって思えたことが嬉しかった。人ってなかなかそう思えるものに出会えないと思うんです。この人たちと仕事ができている今が本当にすごく楽しくて嬉しいって感覚、正直私はまだないかなあと思っていて。けれども五関さんはそういう人たちに出会って、一緒にグループとして成長してきてるって、そう思ったらすごく嬉しかった。

 

映像の後にずっとLOVEを歌った際、塚ちゃんが大サビ前の「ずっと一緒だよー!」を叫びながら五関さんをぎゅっと抱き締めてくれたこと、涙で霞んではっきり見えてなかったけれども本当に嬉しかった。

応援してきた人が大切なものを実感して楽しそうに、嬉しそうにしているのがこんなにも幸せなことだとは思わなかったです。

 

もしかしたらここ最近の憑き物が取れたように幸せそうに見えていた五関さんの理由は、四人とA.B.C-Zのことが本当に好きだって実感したところからきているのかなと思ったら後々ちょっとすっきりしました。

 

りょうちゃんや河合くんもずっと一緒にいるよと言ってくれた。この先ずっと5人で欠けずに居てくれる保証なんてないことはわかっているんだけれど、あんなに口々に言われたらちょっとくらい信じてみようかな、という気持ちになりました。

何よりも、それが応援している人の望みであるならば、その人が「やっぱり無理」って言わない限りは信じてみようかなと思います。

 

ずっとずっとこの幸せが続きますように。